日本の 行事 ぎょうじ

厄年 やくどし

厄年とは、悪いことが身に降りかかりやすい年・人生の節目の年です。一般的に男性は25才、42才、61才、女性は19才、33才、37才が本厄と言い、その前後を前厄(まえやく)・後厄(あとやく)と言います。(厄年の年齢に当たっていなくても、厄祓いはできます。)
地方によっては慣習が異なることがありますので、お近くの神社でお尋ねください。
さあ、神社に行って、厄祓いをしましょう。

令和2年厄年表(数え年)

男性
前厄 本厄 後厄
平成9年生
(24歳)
平成8年生
(25歳)
平成7年生
(26歳)
昭和55年生
(41歳)
昭和54年生
(42歳)
昭和53年生
(43歳)
昭和36年生
(60歳)
昭和35年生
(61歳)
昭和34年生
(62歳)
女性
前厄 本厄 後厄
平成15年生
(18歳)
平成14年生
(19歳)
平成13年生
(20歳)
昭和64年/平成元年生
(32歳)
昭和63年生
(33歳)
昭和62年生
(34歳)
昭和60年生
(36歳)
昭和59年生
(37歳)
昭和58年生
(38歳)

歳祝 としいわ

還暦(かんれき)61才・古希(こき)70才・喜寿(きじゅ)77才・傘寿(さんじゅ)80才・半寿(はんじゅ)81才・米寿(べいじゅ)88才・卒寿(そつじゅ)90才・白寿(はくじゅ)99才・百寿(ひゃくじゅ)100才などの節目には、一家そろって神社にお参りし、長寿をお祝いするのが一般的です。

名称 年齢
(数え年)
意味と由来
還暦 61歳 十干十二支が一回りし、生まれた年の干支に戻ることから、本卦還りといい、新たな誕生を祝う
古稀 70歳 唐の詩人杜甫の「人生七十古来稀なり」という詩が由来
喜寿 77歳 喜の草書体が七・十・七に分解できることが由来
傘寿 80歳 傘の略字が八・十に分解できることが由来
半寿 81歳 半という字が八・十・一に分解できることが由来
米寿 88歳 米という字が八・十・八に分解できることが由来
卒寿 90歳 卒の旧字体が卆という字で、九・十に分解できることが由来
白寿 99歳 百という字から一を引くと九十九になることが由来
百寿 100歳 百歳のお祝い。上寿ともいう